日記・コラム・つぶやき

2011.04.04

白浜

白浜へ行ってきた。

アドベンチャーワールドでは春の陽射しの下、双子のパンダが転げまわって遊んでいた。
(上野動物園では何千人も行列するらしいが・・・・)

Pandas

土産に「なぎさビール」をゲット。

Nagisabeer

美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.06

神田

出張で時間が余ったので、会社の周りを散歩した。

郷土のヒーロー和気清麻呂像を表敬訪問。

Kiyomarotokyo

神田の街からもスカイツリーが見えた。

Skytree

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

甲子園

球春到来ということで、甲子園へ行ってきた。

高校野球といえばアルプス席だと思うが、毎回アルプスというのも芸が無いので、今回は「内野特別自由席」へ。
「みずほ銀行シート」という特別席まで同じ自由席扱いで行けてしまうのが高校野球のいいところ。

Koushien2010

自分の「甲子園での野球観戦」の常識からは考えられないほどグラウンドが近い。

投手と打者を見ていると一塁走者の動きが視界に入らないし、外野守備の深さもよくわからないなど、なんだか調子が狂ってしまう(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.21

空気清浄機

Nanoe

花粉&ハウスダスト対策として、空気清浄機を導入した。

ナノイーイオンだそうな。(苦笑)

空気中で放電して生じたラジカルは強力な酸化力があるが、それゆえほとんど瞬間的に消滅するであろうことや、水滴は径が小さくなるほど比表面積が増えるので、マイクロメートル単位ならいざ知らず、ナノメートルとなると、ほとんど瞬間的に蒸発するであろうことも知っているつもりだが、

「ただ単に空気を吸ってフィルタリングするだけ」の空気清浄機は見あたらないか、むしろ高くつくのだから仕方がない。

どうせ毒にも薬にもなるまい、と思って我慢することにした。

ナノイー以外の機能はたいへん満足(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.31

木下サーカス

Kinosita

木下サーカス4年ぶり?の京都公演に行ってきた。

何年も(いや何十年も?)変わらない演目もあるが、初めて見たのが「空中大車輪」

木下サーカス:プログラム紹介

命綱も安全ネットも無しでなんでこんなムチャクチャができるのか、サーカスの人って本当に凄い。

wheel of death で検索するとwebで動画も見られるけれど、これはライブで見るべきだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.05

熊山遺跡

正月休みに熊山遺跡へ行ってみた。

Kumayama

古代文明のピラミッド的なたたずまいの石組みに、和風な正月飾りの組み合わせが妙に面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

ドリームベースボール

西京極で名球会のイベント「ドリームベースボール」があったので、見に行ってきた。

Dreambb

往年の名選手たちの、スピードも緊張感も無いゆる~い野球を、大勢の人間が集まってのんびり観戦。
小学生にとっては当然知らない元選手ばかりなので、ちょっと難しかったかもしれない。

おじさんたちはみんな嬉しそうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.29

護王神社

護王神社へ行ってきた。

なにしろ御本尊が郷土のヒーロー(?)和気清麻呂なのだから、一度は拝んでおくべきかと。

狛イノシシ、清麻呂像、さざれ石と、基本アイテムは和気神社と同じ。(当然か)

Komaino

Kiyomaro

田舎では、道鏡事件で宇佐から神託をもちかえる話ばかり聞いた気がするが、ここ京都では平安遷都のために働いた、という功績も大きいわけだ。

おかげさまで和気から京都へ出て暮らしております。 拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.17

夏の甲子園

2009summer

夏の甲子園へ行ってきた。

とにかく暑かった。

好試合が続いて見応えはあったのだが、もう暑さの中で生存することに精一杯で、あまり野球に集中できないくらいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

部分日食

食分80%の部分日食に備えて、ピンホール観察器「がんばれ興南1号」を製作した。

Eclipse1

Eclipse2

ベースは興南高校の甲子園応援用メガホン。
広口側に投影スクリーンを装備し、狭口側に9連ピンホールを配置した。

その成果がこれ↓ 半円形の太陽像がお判りいただけるだろうか?

Eclipse3

しかし、日食の時間中、日差しが照ったのはほんの数分だけだった。

雲越しに時折サングラス無しでも眩しくない太陽が見えたので、子供たちには解りやすかったかも。

Eclipse4
(食の最大ごろの様子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧