« 第55回有馬記念 | トップページ | 暫定王者認めない »

2011.01.11

年度代表馬の母たち

「2010年度JRA賞」決定

年度代表馬はブエナビスタ。これで昨年、一昨年のウオッカに続いて3年連続で牝馬が年度代表馬になってしまった。

こうも牡馬にチャンピオンらしいチャンピオンが生まれなくなると、なんだかやっぱり中島理論は正しいのかもと思えてしまうから不思議だ。

さて、その稀代の牝馬であるブエナビスタとウオッカの、その母親であるビワハイジとタニノシスターが唯一回だけ同じレースに出走した第56回桜花賞の単勝現地馬券をいまだに持っている・・・・というのは、自慢していいんだろうか。

Oukashobaken

ちなみに、タニノシスターが14番人気12着、ビワハイジは2番人気で15着。

こういうのってオークションに出したら値段がつくのかな・・・

|

« 第55回有馬記念 | トップページ | 暫定王者認めない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度代表馬の母たち:

« 第55回有馬記念 | トップページ | 暫定王者認めない »