« 降着 | トップページ | 年度代表馬の母たち »

2010.12.24

第55回有馬記念

ローズキングダムは取り消したが、ポテンシャルを感じる3歳牡馬が大勢おり、明るい兆候だと思う。
その誰も菊花賞に出ていないというのが、どこか菊花賞の現在や行く末を示しているようにも思う。

内枠に入ったこともありネヴァブションあたりが逃げるのだろうか。いずれにしてもスローで、好位や中団からわざわざ早仕掛けする馬もいそうになく、誰も動かず直線勝負ということになりそうに思う。

そうなると、好位置で立ち回りそうなヴィクトワールピサ、エイシンフラッシュ、ルーラーシップあたりと、今回は外を回りそうなブエナビスタ、あとは内で都合よく前の開いた差し馬誰か・・・という感じだろうか。

有馬記念は世相を映すとすれば、今年は尖閣事件か。

レッドディザイア(赤色の欲望!)、ルーラーシップ(支配権!)、エイシンフラッシュ(紛争地のことをフラッシュポイントと言ったような)、オウケンブルースリ。

南の島もきっと絶景には違いないから、ブエナビスタでもあるけれど。

|

« 降着 | トップページ | 年度代表馬の母たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第55回有馬記念:

« 降着 | トップページ | 年度代表馬の母たち »