« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.29

第77回日本ダービー

ヴィクトワールピサはSS系×ミスプロ系で今はやりな型に見えるのだが、祖母の父ブランドフォード系、曾祖母の父はトゥルビヨン系と異系血脈があり、この時代にノーザンダンサーが入っていないというのもレア。

ペルーサは、SS系×ブラッシンググルーム系、いかにも決め脚の鋭そうな流行の形態だが、母がアルゼンチン産で祖母の父ハイペリオン系、曾祖母の父ハリーオン系という野性味がある。皐月賞馬を差し置いて1番人気(土曜昼時点)というのはちょっと買い被りすぎとも感じるが、たしかに魅力はある。

ヒルノダムールは、いろんな馬と戦って(たいてい惜敗して)いるモノサシのような存在だが、マンハッタンカフェ×ラムタラという配合は大舞台向き。引き続き上位争いが期待できそうに思う。

というわけで上位人気3頭ですんなり収まっても仕方がないかなとは思うのだが、その1角を誰かが崩すような狙いを立てなければ面白くない。

エイシンフラッシュは父がキングマンボ×テディ系×ブランドフォード系、母はドイツ産でハンプトン系×ネイティヴダンサー系×ブランドフォード系。ありふれたミスプロ系の馬ではなさそうな怪しさを感じる。久々の皐月賞で3着したわりに評価が上がらないのも狙いとしては美味しい。

レーヴドリアンは届かない追い込み馬という戦績だが、スペシャルウィーク×ゼダーン系×ブラッシンググルーム系で、小回りや直線平坦の競馬でなく、府中で底力を試す追い比べになればもう少し前進する可能性はありそうに思う。

逆に、先行粘りこみを期待したいのがコスモファントム。父はシアトルスルー系、母の父はなんだそれ?というくらい怪しいマイナーなナスルーラ系。ラジオNIKKEI賞ではヴィクトワールピサと差の無い競馬をしているし、久々の京都新聞杯もそれなりの粘りを見せたあたり、まだまだ意外性を秘めているかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.22

第71回オークス

GWに翌日の天皇賞の馬券を買ってから旅行へ出かけて、数日後に結果も知らずに帰宅した。

その天皇賞はフォゲッタブルを信用しすぎて外れていたわけだが、ついでに気の迷いで買った最終R京都ゴールデンプレミアムで、三連複10万馬券を的中。

10man

びっくりした・・・・

というわけで、当分美味しい馬券なんて当たらない気もするが、今週はオークス。

血統的には、なんといってもアプリコットフィズ。ジャングルポケットに母がマンハッタンカフェの全妹なんだからコース適性も距離適性もじゅうぶんだろう。

桜花賞2着のオウケンサクラは、ブラッシンググルーム系で母の父がリアルシャダイ。折り合いさえつくなら距離適性やしぶとい脚がありそうに思える。

穴っぽいのは、スペシャルウィーク×サドラーズウェルズのモーニングフェイス、大挙6頭のゼンノロブロイ産駒の中では、母の父シングスピールのコスモネモシン、母の父トニービンのギンザボナンザあたり。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.21

油屋熊八麦酒

GWに阿蘇と別府を旅行して、土産に持ち帰った地ビール。

Kuma1
ブラウンエール。強烈な香りと苦味。

Kuma2
ヴァイツェン。こちらは軽く甘酸っぱい。

材料に金箔と書いてあるが、どこに入っていたのかよくわからなかった。(^^;

金とかプラチナとか貴重な資源は、無駄に飲食するより工業製品に使ってほしいと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »